読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Motorcycle is the way I chose.

To infinity ... and beyond ! 無限の彼方へ さあ行くぞ!

Reason of the answer.

「 Aさんの作文 」

これはぼくが小学校の頃に爆笑の旋風を巻きおこした話です。

 

f:id:Motorcycle_is_the_way_I_chose:20170205210322j:plain

 

主人公であるAさんのとっておきの決め台詞は、

「 バイクでいくぜぇ! 」

 

この一言が、

ぼくら小学生のこころを虜にしちゃったわけです (笑)

 

だってね、

想像してみてくださいよ、

小学生が職員室にバイクで登場しちゃうわけですから (笑)

 

昭和の時代ならありえたかもしれませんが、

ぼくらはそんな面白い時代を知らない平成生まれの子ですからね、

想像しちゃうと笑わずにはいられないわけです ^ ^

 

 

まあ それから時はたち、

可愛かったぼくも18歳になった今は、

「 バイクでいくぜぇ! 」

的なことを言っちゃったわけですが、

 

やっぱり聞かれるのは、

「 なんでバイクなんだ? 」

というシンプルな質問。

 

そんな質問に対するぼくの答えは、

全然シンプルじゃなくて言葉にするのに苦労するんですよね (*_*;

 

バイクって乗った人にしかわからない良さとか、

詳しい人じゃないとわからないこととか、

あると思うんだけど、

今回はそこらへんの書いてものよくわかんない理由は省いて、

割と「 シンプル 」にその質問に答えてみようかなって感じです 😊

 

 

なんで『 MOTORCYCLE 』を選んだのか

 

 

 

シンプルに言うと、

「 ぼくがバイクを選ばずにはいられなかったから 」

です (笑)

 

 

だってね、

バイクってかっこいいじゃないっすか!

みんなそう思うでしょ?

 

おっちゃん世代は、

「 TOP GUN 」

トム・クルーズがバイクに乗って彼女の家に急ぐシーンをみて、

俺も彼女の待つところにバイクで登場してみたい!

って憧れただろうし、

f:id:Motorcycle_is_the_way_I_chose:20170205212423j:plain

 

最近の子は、

「 ホットロード 」

で春山が和希をうしろに乗せて家まで送るシーンをみて、

おれも彼女うしろに乗せて走ってみたい!

バイクに乗る彼氏の背中につかまっていたい!

なんて憧れたでしょ? (笑)

f:id:Motorcycle_is_the_way_I_chose:20170205212731j:plain

 

ほら、やっぱりバイクはかっこいいんだから (笑)

( ← 少々強引ですかね?ww )

 

 

それにね、

バイクって、

道路を走れるのは当たり前なんだけど、

それだけじゃなくて、

すごいでしょ!?

自由自在っていうか、

とにかく楽しい要素が満載で、

ロマンあふれる最強のツールだと思うんですよね!

 

そんな感じで、

惹かれちゃう要素はたっぷりなわけで、

もお必然的に興味をもっちゃったわけですが (笑)

 

そこに、

  • 明るい将来性
  • やりがい

とかみちゃうと

1歩踏み入らずにはいられなくなってました (笑)

 

 

「 バイクに明るい将来とかあるのかよ!? 」

「 夢って? 」

と思うかもしれませんが、

今回の記事はここまでで ^ ^

 

今は夢をベラベラと語る時ではないと思うので書きたい時が来たら夢について書きますが、

バイクの将来性は少し真面目に記事にできたらなと思っているので是非楽しみに待っててください ^ ^/

 

 

リスクとか不安要素はたくさんあって、

疑問に思われてもおかしくない選択かもしれませんが、

リスクとかを恐れちゃうとその分楽しさもなくなっちゃうと僕は思ってて、

誰よりも楽しみながらその分人一倍悩んで苦しみながら頑張っていこう!

って思ってます (笑)

 

 

 

関係ないけど、

これはぼくが好きな言葉です、

f:id:Motorcycle_is_the_way_I_chose:20170205214352j:plain

この言葉に出会ってなかったら、

もっとまじめで面白くないことを考えてたかも 😊

 ( PLAY JOB )

  

 

広告を非表示にする